出会い・結婚

異性に好感をもたれるために心がけること

異性に好感をもたれるために心がけること

結婚への第一歩は、異性から好印象をもたれること。その気持ちが、「彼(彼女)のことをもっと知りたい」という興味に変わり、交際がスタートします。「なりたいイメージ」「好感をもたれる印象」をプロデュースするプロフェッショナルであるイメージコンサルタントの江頭美鈴さんに、異性から好感をもたれるために心がけるべきことを男性、女性、それぞれのケースでアドバイスいただきました。

江頭美鈴さん

イメージコンサルタント、カラーアナリスト、ファッション骨格診断士。高崎市在住。

Q 初めて異性と出会うときは誰もが緊張するもの。初対面の相手に対して、どのように接すると良いのでしょうか?

まずは、人の気持ちの仕組みを知っておいてほしいと思います。人は誰かに出会った瞬間、わずか数秒で〇か×かを無意識に決めています。自分にとって好感がもてる人か、もてない人かということですね。それは何で決定づけられるかというと、視覚情報が一番大きいのです。
視覚情報とは、容姿や服装、表情、仕草、視線などをすべて含めた「見た目」のこと。初対面の相手への印象の約7割は視覚情報が占めるといわれています。
人はもちろん内面が大切ですが、初対面では内面までわかりませんから、どうしても見た目に左右されるのです。内面に踏み込んでいく前に、視覚的に「この人、嫌」「無理」と思われたら、そこで心のシャッターが下ろされてしまう。それ以上の進展が断たれてしまうわけです。これはとても、もったいないこと。
見た目というと、「私はキレイじゃないしスタイルもよくないし」「ボクはカッコよくないから」など、すぐに二の足を踏んでしまう人がいますが、絵に描いたような美男美女など、世の中にはめったにいません。でも、内面に良いものをもっている人は、たくさんいますよね。その良さを最大限に"目に見える化"していく作業が婚活中の男性、女性には必要だと思います。

Q 視覚情報以外には、どんなことで相手の印象が決まるのですか?

視覚情報に続いて多いのは聴覚情報です。聴覚情報とは声の質、話す速さ、声の大きさ、口調など。ひとまとめに「話し方」と言ってもいいかと思います。
確かに、好みの声や話し方をする異性には何となく心が惹かれますよね。それに比べて、「何を話すか」という言語情報はそれほど重視されません。つまり、初対面の場合、人は話の内容よりも、相手の声や話し方の方が印象に残るということです。確かに、話し方からその人の性格や人柄が何となく想像できるものです。
以上をまとめると、人の印象のほとんどが視覚情報と聴覚情報で決まるということ。初対面の相手に好感をもってもらいたいと思った場合、これを利用しない手はありません。視覚的、聴覚的に良い印象を与えれば、「また会いたい」と、異性から興味をもってもらえるということです。でも、異性に魅力的に映る見た目と話し方は一朝一夕には身に付きません。日ごろから意識して自分磨きをしておくことが大切なのです。

覚えておこう 色の効果

自分磨きの方法 【女性編】

自分磨きの方法 【男性編】

Q 男性から好意をもたれる女性は、どんなタイプですか?

魅力的な女性のキーワードは「清潔感」「優しさ」「包容力」です。魅力的な男性のキーワードと似ていますが、男性の「頼りがいのある優しさ」に対し、女性は「温かく包み込んでくれるような優しさ」です。男性は腕力は強くても、内面は繊細な人もいて、そんな彼らには安心感を与え、包容力がある女性がいいでしょう。

Q 清潔感という面で、女性が気を付けたいポイントは?

髪の毛や爪など、身体の先端部分のケアには気を遣ってください。髪の毛は女性らしさが最も表れるところ。ツヤがあり、カラーリングやパーマのダメージを残さないようにしましょう。髪の先のパサつきもできれば避けたいもの。髪の色は派手な色は避け、黒か濃いめのブラウンが清楚なイメージに見えて、好感度が高いです。
爪はきちんと切りそろえ、甘皮の処理をしておくといいですね。マニキュアも派手な色は避け、ベージュやピンクなど、ナチュラルな色が婚活にはおすすめです。
また、清潔なツルンとした肌を保ちたいものです。唇も同様で、荒れたりカサカサした唇はリップクリームを小まめに塗って、早く改善させましょう。
自分の顔を毎日しっかり見る習慣をつけると、女子力がアップするうえ、その日の体調もわかるのでおすすめです。
最近はたばこを吸う若い女性が増えていますが、これから妊娠、出産を迎える身体に悪影響がありますし、肌も悪くします。社会的に、副流煙の問題もクローズアップされているので、婚活をする前に、なるべく禁煙に挑戦してほしいと思います。

Q 化粧はどんな点に注意したら良いでしょうか?

普段が10のメイクだったとしたら、初めて男性と会うときは、8ぐらいの薄化粧に抑えるのもいいです。リップやチークの色はボルドーや茶系を避け、ピンクでかわいらしい印象に。アイシャドウもベージュや薄いブラウンでナチュラルに仕上げると、全体的にふんわりと柔らかいメイクが好印象です。

Q 洋服はどんな雰囲気のものが、婚活に向いていますか?

流行の最先端のファッションは、ステキと好評を得るかも知れませんが、シンプルだけれど、ちょっぴりオシャレ感がある、そんなイメージの服装もいいですね。男性と初対面のときはスカートもおすすめ。ワンピースも好感度が高いです。
色は薄いピンクや白、ベージュのほか、パステル系などもいいです。黒の服は近寄りがたい雰囲気を醸し出すので、初対面は避けた方がいいでしょう。
靴はヒールのあるパンプスかブーツがスタイル良くみえておすすめです。いざという時のために、ストッキングの替えをバッグに入れておくこともお忘れなく。

Q 香りについて気を付けることは?

ふんわりとした優しい香りは男性から好感をもたれるようです。清潔な髪から漂うシャンプーの香りや、ほのかに香るハンドクリームなどは、印象が良いと思います。
フレグランスをつけるとしたら、フローラル系の優しい香りや、爽やかな柑橘系の香りなどを少量、身にまとってはいかがでしょうか。強い匂いの香水は、初対面では避けた方がいいでしょう。

Q 男性に好感を得る話し方を教えてください。

女性は自分から積極的に会話を進めるというよりも、あいづちを打ちながら、男性の話を笑顔でしっかり聴いてあげることもいいと思います。話を一生懸命聴いていると、目の瞳孔が開き、とてもかわいい表情になります。作られたかわいさではなく、内面からにじみ出たかわいさです。そんな聴き上手な女性は、男性にとって魅力的な存在でしょう。
男性のなかには会話が苦手な人もいます。そういう時は、相手が話しやすい話題をふってあげることも大切。服装や小物など、目についたものを褒めることも会話の糸口になります。

Q 男性と食事をする時に気を付けることは?

「一緒に食事をして楽しいな」と思える女性に、男性は惹かれます。そのため、あまり偏食せず、元気においしく食べることを心がけるといいですね。テーブルに肘をついたり、クチャクチャと音をたてて食べることはマナー違反ですので避けた方がいいですね。
お箸の持ち方も、男性は案外よく見ていますので、美しい持ち方を心がけたいですね。紙ナプキンや割り箸がある店の場合、取って、渡してあげるなど、ちょっとした心遣いも大切です。